教育方針

1998 年に自宅を開放して、プリスクールをスタートしました。
1 歳から親子分離でネイティブの先生と長時間英語環境で過ごすことによって、お子さんは着実に英語を身につけます。
毎日登園すれば、保護者がまったく英語を話せなくても、就園前には、ネイティブレベルの英語力がつき、インターナショナルスクールに飛び級で入学したり、小学校低学年で英検に合格する子供たちもたくさんいます。
日本の幼稚園に進級するお子さんには、幼稚園クラスに進んでいただき、プリスクールで培った英語力の維持のために、ネイティブ講師のみのクラスを開催しています。
人生で最も急成長する時期の大事なお子様たちを、愛情と経験のあるスタッフが、責任を持ってお預かりしています。
私たちは子供達がハッピーでいることを最も大切にしています。 なぜなら、ハッピーな子供はリラックスできる子供であり、リラックス出来ている子供は、 感受性豊かにいろんな事を吸収できると考えているからです。
特に異年齢混合クラスなので、小さい子は大きい子を模倣しながら成長し、大きい子は他者への思いやりやリーダーシップを自然な形で育むことができます。
お子さんの国籍や保護者の就労の有無を問わず、定員に空きがあれば、発達に課題のあるお子さんも、長年多数お預かりしてきています。
ソーシャルスキルや日常の基本的なスキルを身につけることを基調としながら、英語で自分の考えを表現する力、人前でマナーを持って話せる力を身につけて、国際社会で通用する表現力の獲得を目指しています。
これらの視点を踏まえて、経験豊富なスタッフによるきめ細かいカリキュラ ムで、一日10名の徹底した少人数で、保育・療育にあたっています。

校長からのメッセージ

JUN の主役は子供達です。
子供達は友達や先生と関わりながら、日々着実に成長し、自然に英語を身につけます。
Show & Tell や歌の時間に人前で発表するのが大好きです。
JUN では、それぞれの子供達が自分に合ったペースで過ごしています。
だから、みんなとってもリラックスしています。
私は毎日そんな子供達からたくさんエネルギーをもらい続けています。

JUN の愛すべき子供達、大好き、ありがとう!


JUN INTERNATIONAL PRESCHOOL校長
臨床発達心理士
特別支援教育士
榛谷 都

校長プロフィール

自分の子どもが通っていたプリスクールの廃校をきっかけに、1998 年に自宅で JUN International Preschool をスタート。
受験英語指導、英語資格試験指導、テスト問題制作に大学時代から従事。
アメリカコネチカット州の University of New Haven で日本語講師経験あり。
Yale 大学大学院に留学経験あり。
現在、プリスクール経営の傍ら、東京都の公立小学校、中学校、高校、特別支援学校で、 発達障害の専門家として、教員、保護者支援の巡回勤務多数。
小学生、中学生の英語科授業には、発達の視点から、日本人の児童・生徒に有効な指導法 のアドバイス実施。(中学・高校英語科教員免許所持)
自閉症支援の研修で、TEACCH プログラムの現地研修、ESDM プログラムの受講で、度々、 アメリカの現場を視察。イギリス英語、アメリカ英語ともに堪能。
地元東京都杉並区の図書館などで、英語教育、英語子育て、発達障がいに関する無料講演 を、定期的に開催。